トレンド

「バチュラー」”やらせ”だった?!内部告発により露呈した真実とは?

Amazonプライムビデオで人気のオリジナル配信番組「バチュラー・ジャパン」で”やらせ”が行われていると報じられました。
今回はこのやらせの真実に迫っていきたいと思います。

バチュラー・ジャパンとは?

同番組は、一般応募で選出された複数人の女性とバチュラー(イケメン男性1人)が共同生活して、女性たちがバチュラーの恋人の座を競うというものです。
現在シーズン3まで放送されております。

シーズン3の主役は友永真也(31歳)

父親や兄は開業医
中高時代へはフランスへ留学し、現在は実業家だそう。

1500人の応募があったそうで、その中から選ばれた20人の女性とデートを繰り広げました。

ちなみにこのバチュラー3がヤラせだったという事で物議を醸しだしています。

バチュラー3のやらせの真相とは

バチュラーは番組の予告で「台本なし」をうたっており、正真正銘のリアリティーショーであると言っています。
しかし、番組関係者への取材でヤラセだったと報道されています。

番組内では女性同士でギスギスする場面が何度も見られ、視聴者はそれを見てドキドキ・ワクワクするわけですが番組スタッフから「ギスギスした雰囲気を作って」
と言われていたようなんです。

出演者のやらせ

出演女性にもいくつかやらせ疑惑があると言われています。

古澤未来はダンプ乗りと紹介されていますが、以前からタレント活動をしていた事が報告されており、番組ではこの事実を明かさないように指示が出ていたそうです。

岩間恵は「山梨で実家のブドウ農家手伝い」と紹介されていますが、東京に在住しており別の仕事をしているそうです。

バチュラーは台本通りでヤラセ?証拠のLINE画像とは?

泳げないドレス姿の女性を沼に飛びこませて度胸を試すという友永に対しては批判が殺到しています。

この際、友永のSNSには1500件以上のコメントが付き、史上最低のバチュラーと批判されています。


引用元:文春オンライン

女性出演者のグループLINEにも2,3回ダイブしたシーンもカットされていたというラインがありました。

手紙での告白もヤラセだった?

第6話で濱崎麻莉亜が過去の事を書いた手紙を読みましたがこれは指示だったそうです。
濱崎は手紙を書く事を拒否していたようですが、スタッフの指示によって仕方なく書く羽目になったそうです。

個人的な秘密も暴露させたれ現場が凍り付いていたそうですが、その場面はカットされたようです。
また、個別インタビューでは出演者の悪口を言うように誘導されていたそうです。

プロポーズはやらせ


引用元::bachlor

友永真也はラストローズを渡したいと主張していたようですが、スタッフの指示で永田あゆみにラストローズを渡したそうです。
ちなみに永田あゆみにラストローズを渡していますが、裏で岩間恵をあきらめきれず交際したそうです。

バチュラー初日の対面は2日にわけて撮影


引用元:bachlor

1話目では初日に女性20人と初対面しますが、2日間にわけて撮影しているようです。
これも同じ日に行った出来事にみせるために女性のメイク等も極力同じにしているそうです。

まとめ

番組として見せる為にはある程度のヤラセも必要なのかもしれませんが、
こういった事が表沙汰になるとバッシングの嵐が起きてしまいます。

今後この騒動がどうなっていくのか注目していきます。

見逃したテレビ番組やドラマが定額で見放題




地上波テレビ番組を見逃してしまった場合は、フジテレビが運営する「FODプレミアム」がオススメ!
ドラマやバラエティーなど人気番組が定額で視聴できます。
1ヵ月間は無料で視聴できるので、無料期間の間で見ちゃいましょう!
FODプレミアムに登録