アイドル

欅坂46(けやきざか)の平手友梨奈が「脱退」を表明。同時発表の織田奈那、鈴本美愉の2人は「卒業」。脱退と卒業の違いって何?

アイドルグループ「欅坂46」の中心メンバーである平手友梨奈がグループからの「脱退」を発表しました。
ここで注目したいのが、同時に発表されたメンバー情報です。
織田奈那、鈴本美愉の2人は「卒業」、佐藤詩織の「活動休止」という表現です。

なぜ脱退と卒業という2つの言葉を使い分けたのか、そこに平手友梨奈の強いこだわりがあったのか、その真相は以下に。

欅坂46を「脱退」する平手友梨奈


2020年1月23日、欅坂46の公式サイトで「欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」という発表がされました。

なぜ脱退と卒業という2つの言葉を使い分けたのか。
アイドルグループをやめる際に使用する言葉として「卒業」は広く定着しています。
今回平手が敢えて卒業というワードを使用せず「脱退」という言葉を選んだのか。

このワードは事務所が決めた訳では無く、平手本人が自身で決めたようです。
卒業という言葉を使用せず、脱退という言葉を使用したいという強いこだわりがあったのだと思います。

その理由について、脱退の発表がされた当日のラジオで簡単に言及していました。

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜後10・00)にて。

「こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については、今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております」

卒業と脱退の違い

広辞苑で意味を調べてみました。

卒業

① 学校の全教科または学科の課程を修了すること。
② ある状態・段階を通過すること。
③ 一つの事業を完了すること。

脱退

所属していた団体・会などから抜け出ること。

意味合い的には、「卒業」は何かの事柄を成し遂げた際に使う言葉、「脱退」は途中で断念する際に使う言葉、というようなニュアンスがあります。

平手は2015年にメンバー最年少で欅坂のセンターを務め、メッセージ性の強い欅坂の雰囲気を作ってきた立役者です。
そんな平手のストイックな姿勢も相まって、「まだ志半ばだけど、仕方なく抜ける」という意味合いがあるのでしょうか。

脱退の理由は

平手の脱退が発表された当日のラジオでは、声を詰まらせる一面もあったようです。

声を振り絞って「というわけで、私とは来月この教室で、また明るくお会いしましょう。平手友梨奈でした」とあいさつした。
※参照:https://headlines.yahoo.co.jp/

もしかしたら平手に取って今回の脱退は、自身で心から望んで行ったものでは無いのかもしれないですね。
具体的な理由についても「今は話したくない」という事でしたので、その真相は闇の仲ですが、「脱退」と表現した事やラジオでの一幕から、何か平手本人がどうしても譲れなかった強い理由があるように感じます。

今後、欅坂46としての公演は予定されておらず、このまま脱退となるようです。
本当の脱退理由や、今後の活動方針などがわかれば、追って情報公開します。

見逃したテレビ番組やドラマが定額で見放題




地上波テレビ番組を見逃してしまった場合は、フジテレビが運営する「FODプレミアム」がオススメ!
ドラマやバラエティーなど人気番組が定額で視聴できます。
1ヵ月間は無料で視聴できるので、無料期間の間で見ちゃいましょう!
FODプレミアムに登録