女優

沢尻エリカ 判決は? 謝罪コメントの直筆文字が話題に! 事務所の対応は?

女優の沢尻エリカ被告が10年前から使用、所持していたとされる麻薬取締法違反の罪に問われた裁判の判決が、2020年2月6日に東京地方裁判所にて言い渡されました。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に抜擢、既に撮影開始という中での衝撃の逮捕から3ヶ月、公判中も全くマスコミに姿を現さなかった沢尻エリカ被告の裁判後の気になる話題をチェックしていきましょう。

沢尻エリカ被告の判決時の様子、判決は?

1月31日の初公判の時には懲役刑のみを言い渡された沢尻被告ですが、判決では懲役1年6ヶ月、執行猶予3年という有罪判決が下りました。

一般的に初犯の場合、執行猶予がつくことが実際の判決で見受けられますが、沢尻被告の場合も執行猶予を与えられたかたちとなりました。

この日も治療先である病院から直接裁判所へ向かったとのことで、裁判官から判決を言い渡された時の沢尻被告の様子は、裁判官の言葉に頷き、動揺する姿はなかったと報道されていました。

終始落ち着いた様子で臨んだ公判終了後は、報道陣に対応することもなく法廷を後にし入院先の病院へ向かったのだそうです。

沢尻エリカ被告の直筆謝罪文全文

有罪判決が下った沢尻エリカ被告は、公判の2月6日の夜にマネジメント契約を行っている『avex』から本人直筆のコメントが発表され、各報道機関でも一斉に報じられました。

内容は以下の通りです。

 

沢尻エリカ 謝罪文全文

 

ファンの皆様ならびに関係者の皆様

この度は、私の身勝手な行動により多くの人を
裏切り、傷つけてしまい、社会的に計り知れない
ご迷惑をお掛けしてしまいましたことを
心から深くおわび申し上げます。

謝って許されることではありませんが、
犯した罪の重さを自覚し反省していき、
全力で更生に向けて努力することが
自分のできる唯一の償いと考えております。

裁判の結果を真摯に受けとめております。
何よりも、他人を思いやるという気持ち、根本の大切なことが
私自身には欠落していたのだと痛感させられました。
社会人として、一人の女性として、いま一度自分自身を見つめ直していきます。

沢尻エリカ

この謝罪コメントには裁判官が公判の最後に沢尻エリカ被告にかけた、

「女優として仕事に取り組む前提として、他人を思いやる心構えが十分でなかったと感じます。今後は、1人の社会人として信頼されるように努めてほしい」

という言葉を真摯に受け止めている様子が伺えます。

長年薬物を摂取しながらも、女優業を行っていた沢尻エリカ被告ですが、公開された直筆の文字は比較的しっかりした筆跡のように受け取れますが…世間はどう見ているのでしょうか?

沢尻エリカ被告の謝罪文直筆文字が話題に!

沢尻エリカ被告の謝罪文が公開されると、様々な反応が一斉に沸き起こる事態となっています。容姿端麗な方の場合は世間は特に「どんな文字を書くんだろう」という注目が集まりがちになります。(綺麗な方は綺麗な文字を書いていて欲しい願望がどうもあるようです。)

まず一番多かったのは、沢尻エリカ被告世代の皆さんに馴染みのある「ヘタウマ文字」への反応です。

沢尻エリカ被告が生まれたのは1986年4月8日。2000年代はティーンエイジャー真っ只中でした。文字をわざと崩して書く「ヘタウマ文字」がちょうど流行ったのもこの頃だったので、沢尻エリカ被告も漏れなくそれに乗っていたのではないでしょうか。

決して下手ではないのにわざと下手に見えるように文字を崩して書くという文化に「あるある!」という反応や、「ヘタウマ文字の習慣が抜けなくて未だに悪筆なので直したい」という嘆きまで散見しています。

過去にも似たような現象がありました。70年代前半から大流行した「丸文字」!アイドル歌手で一世を風靡した『松田聖子さん』や、のちに薬物使用の罪に問われた歌手で女優の『酒井法子さん』もこの丸文字を多用して、一般にも広く浸透したことで未だに丸文字から卒業出来ない方もいらっしゃるとか…。

そして時は流れ、現代はスマホ時代となり直筆を披露する機会がとても少なくなりましたが、いつ何時直筆を披露することがやってくるかわかりません。日頃からきれいな文字が書けることは芸能人に限らず必要なことなのかもしれません。

沢尻エリカ被告の今後は?事務所の対応は?

2020年1月31日の初公判では「女優復帰については考えていません」と語っていた沢尻エリカ被告ですが、「薬物」と「悪い友人関係」を断ち切るために所持していた携帯電話を解約したと報じられています。

2月6日の判決を受けて直筆の謝罪文を公開し、己の弱さを悔いる様子も伺えた沢尻エリカ被告は、今後家族のサポートを受けながら入院治療を行っていく模様です。

マネジメント契約が継続している「avex」も沢尻エリカ被告の判決を受けてコメントを公開しています。

沢尻エリカに関しまして

関係各位

麻薬取締法違反の罪に問われておりました沢尻エリカに対し、本日判決が出ました。

弊社といたしましては、この判決を厳粛に受け止めております。
今後につきましては、本人との話し合いを重ね、真摯に対応して参ります。

改めまして、この度は誠に申し訳ございませんでした。

2020年2月6日
エイベックス・マネジメント株式会社

今後は本人との話し合いを重ね…とありますね。薬物の誘惑から立ち直るきっかけは本人がもう二度と薬物に関わらない人間関係や、懸命に取り組むことが出来る仕事が大事とも言われています。

女優として対応のまずさから一度は仕事を失ったものの、努力の末に復活を果たした矢先の薬物事件を起こした沢尻エリカ被告ですが、裁判を傍聴した人からも演技を通じて更生を望む声が上がっています。

現段階では芸能界復帰を明言する文言は一切ありませんが、継続して芸能事務所が関わっており、今後の治療の状況によっては沢尻エリカ被告に何かしら動きがあるかもしれません。今後の沢尻エリカ被告の動向に注視していきましょう。

見逃したテレビ番組やドラマが定額で見放題




地上波テレビ番組を見逃してしまった場合は、フジテレビが運営する「FODプレミアム」がオススメ!
ドラマやバラエティーなど人気番組が定額で視聴できます。
1ヵ月間は無料で視聴できるので、無料期間の間で見ちゃいましょう!
FODプレミアムに登録